口内環境を整えるアイテムとして人気の商品にテテオタブレット(teteoタブレット)があります。

それでは、ムシバイとteteoタブレットにはどのような違いがあるのでしょうか。

2つの口腔ケアアイテムの違いを比較し、まとめてみました。

●ムシバイ

虫歯予防成分:クリスパタス菌、キシリトール、PS-B1

味:ヨーグルト

内容量:30粒

使用方法:歯磨きの後、就寝前に舐めて溶かす

使用可能年齢:1歳半~

使用量:1日1粒

価格:1か月(30粒)で7980円(定期購入での注文で初回980円、2回目からも37%OFF)

●テテオタブレット

虫歯予防成分:オボプロンDC、キシリトール

味:イチゴ味、ブドウ味、オレンジ味、リンゴ味、メロン味、バナナ味、パイン味、イチゴミルク味、ミルクチョコ味

内容量:95粒

使用方法:歯磨きの後やおやつタイムに舐めて溶かす

使用可能年齢:1歳半~

使用量:1日3粒程度

価格:320円

ムシバイとテテオタブレットを比較してみました。

圧倒的に価格が安いのはテテオタブレット。

しかし、虫歯予防や歯周病菌ケア、口臭予防に効果的な成分を比較してみると、ムシバイのほうが効果が期待できそうだということが分かります。

特に口臭ケアまでしっかりしたいという場合は、寝る前に就寝中の口内環境を整える効果が期待できるムシバイがおすすめなのではないでしょうか。

なお、ムシバイとハキラの比較については「ムシバイとハキラ。子供の虫歯予防に効果的なのはどっち?」の記事でお伝えしていますので合わせてご覧ください。